FC2ブログ

屋外放置実験のハードケース内装の状態はこんな感じでした

2015.12.24.19:09

ハードケース屋外放置実験の続きです。
前述通り鍵を開けて中の様子を撮ってきました、が、小さい緑のケースだけです。
錆びた錠前開けるのだけで指に負担が結構ありました(^-^;)ソリャソウダ
外側よりも金属が触れ合ってる内側の方が強く錆びついてたようです。ソリャソウカ(>∇<;)

タカベ株式会社製ハードケース 屋外放置実験

昨日の雨水が入っちゃってた模様です。
中は薄い合皮ラミネートでしたが、外側のABSは一部浮いてましたが内装部分はしっかりラミネートされたまま、ホットメルトで付けたパットが剥がれ落ちてました。
パット同士のラミネートは剥がれてませんでした。
陽射しは入ってなかった為か発泡素材等変色もないです。

タカベ株式会社製ハードケース 屋外放置実験

ホットメルトは薄く広く伸びてますのでしっかり貼り付けられていたのは確かです。
蓋に貼り付けられていた筈のウレタンもびろろんと伸びたホットメルトでぶら下がってました。屋外放置中に高温になったんだろうと思われます。
熱だけでなく氷点下もあった筈ですし乾燥もあっただろうし色々繰り返しで劣化するとこんな感じになるんですね、ご依頼主様の通常目的内使用でなかなかこうはならないと思いますが(^-^;)

屋内で特に雨漏りも浸水もなく、湿度が上がり過ぎたり高熱に晒されたり炙られたりとかそうでなければこうなるにはもっと年季が必要になるかなと思われます。

アルミ素材部分は通常錆びないんですが、アルミ以外の金属と接触してる部分の錆移りはあったのと、鉄素材のパーツの傷のあった部分からの錆はやっぱりどうしようもない感じでした。ニッケル加工とか錆びにくい筈ですが、剥がれたら内側から逆に勢いよく錆びるんじゃないですかね?(´・ω・`) 詳しくは設計までお問い合わせください。

以前なんどかASB貼り合わせのケースはABSがぶよぶよと伸びて浮いたりするんじゃないかとか話題になりましたが、今回の実験したケースを見る限りではそんなに酷い状態にするには結構ハードに扱わないとなんじゃないかなと言う気がしてます、炎天下とか高温の車内長時間放置とか。
あと印刷部分の剥がれなんかも特になかったようです、暴風吹き荒れたりはしてましたし、雑草がバサバサと当たったりはしてたことあるんですが。あと陽射しはモロに当たってましたが。インクが堅牢なのかなぁと。

今年最後の今週の週明けミーティングの時に、なんとか一年乗り切ったわけで自信過剰なくらいに気分よくよくやったと思って年末年始過ごすようにと社長から訓示があったんですが、製品的な部分、ことアルミと印刷、ラミネートあたりも自信満々でいいのかな。
縫製部的にはとにかく局所局所仕事量多くて厳しい時期が長かったです、あっちこち痛くてギャースギャースと騒いで社長にタイガーバーム貰いましたw 既にカラですが捨てがたいので取ってありますw
座り作業の多いミシン工なわけで座面の改善をしたいなぁとあれこれ補助具を探したんですが、座面の両脇に高さ出してやればいいんじゃないかとか実験を始めてみました。今年は営業日は後一日、なんとか元気に終えたいです。
スポンサーサイト

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース ハードケース 実験

ハードケース屋外耐久実験

2015.12.23.09:22

ハードケース屋外耐久実験中です】2014.06.10.19:52
http://tc20a.blog.fc2.com/blog-entry-856.html

覚えておいでの方はいらっしゃいますでしょうか、タカベ株式会社社屋外でアルミケース・ハードケースの放置実験をしていましたが、そろそろ片付けようとのことになりました。

タカベ株式会社製 ハードケース屋外放置実験

タカベ株式会社製 ハードケース屋外放置実験

タカベ株式会社製 ハードケース屋外放置実験

タカベ株式会社製 ハードケース屋外放置実験

炎天下だろうと雨ざらしだろうと降雪降り積もろうが屋外に放置されていたハードケースの様子はこんな感じです。

錆びやすいところ錆びにくいところありますねぇ。
防水スプレーなどお手入れの類は全くしていません。
ABS貼りのケースの耐久性はどんなものなのか、以前炎天下で浮きが発生したこともありどのくらいかなぁと思ってましたが、当時より糊の性質が変わり強度が増していたり、塗布量や作業スピードが変わっていたりで、ここ数年の品物だと通常使用で浮く可能性は殆どないように見受けました。
緑のケースはちょっと古い物だったようなのですが、コレ小さいこともあってかなり酷く水に浸かったりひっくり返ったりもしてました。
開けて中の様子を撮りはぐったので休み明けにまた撮りに行ってみますね~( ゚_ゝ゚)ノ

水に関してなんですが、当社のケースの場合ある程度まではシリコンコーキングで凌げると考えてます。
例えば土砂降りの中でも短時間の移動でしたら中身に問題ないと思われますが、全く浸水しないとは言い難く、例えば川や海に落としたらどうしても浸水すると思われ、完全防水は出来ないとの事でご説明させて頂いてます。
今年割と雨多かったですしね、屋外放置実験の結果どのくらい浸水してるか沁み具合についてはまた後ほど~


……しかしコレ古道具大好きな方でしたらもしかしたら垂涎ですか?
古道具屋さんの倉庫にお邪魔したことあるんですが、雨ざらしの品物でも売れるらしくてなんか凄いなぁとか覗いてきました。
錆びだったり水垢だったり お芝居にでも使われるのかなぁ(´・ω・`)

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース

CAD用図面の覚書【Illustrator CS5】

2014.08.31.08:43

普段趣味のお絵かきにしか使いませんので、自分のよく使う機能しか見てないですし、
何らかの表現手法の為にそれが簡易的に機能として存在しないか調べたりはしますが、基本的にマニュアルを読まないので実にIllustratorのことを知らないと言って過言じゃなく(習ったのはCS2で、当時地道なトレースが主力でした)、図面方向で仕事で使うとか考えてなかったんですが(^-^;)
実に便利機能保有してますね、AIデータ。
CADについても20数年前に学校で中途半端に弄ったキリで、多分今全然違うんだろうなぁと薄ぼんやり。
プロッターとかそうそう手の出ない物だったように記憶していて、パソコン自体が縁遠かった時代を振り返りつつ、先日のやり取りを社内用にメモっときます。



大体一度しかやらないので忘れちゃう最初の設定。(Windows7)
一回保存しとけば次もコレで出てきますが、時々忘れちゃうのがPCです。
パソコンのバージョンが代わってって、古いソフト使ってるとだんだん不具合は増えるんだろうなぁ…

Windows8.1だとIllustratorCS6のワークスペースも記憶してくれないんですが、自宅のPCだけなのか他でも共通なのか。

・ 実寸で入れてくので単位は㎜
・ 編集 → 環境設定 → 一般/線幅効果も拡大縮小 のチェックを外す
・ 表示 → 定規/ガイド  // ガイドにスナップ ポイントにスナップ

CAD用図面 Illustrator CS5 初期設定


今回抜型を作って貰う為の物なので、カッティング用のラインを一つのレイヤーにまとめました。
下のレイヤーに補足説明
多分本当はアタリと確認用の補線を別レイヤーにするべきでした。


CAD用図面 Illustrator CS5-1


黄緑で示されてるカッティングラインは、プロッターでボールペンで線を引くそうで、細いほど良いと言われました。
太いと塗りつぶす為に何度もぐるぐる線を引くことになってしまうとか。

Illustratorでデフォルトで選べる線幅は0.1が最少ですが、0.01とか自分で入力することもできるので、ちゃんと適正値を指定していただけばよかったなぁ><。


CAD用図面 Illustrator CS5-2


縫う為のアタリは別に入力するそうなので、カクカクと無駄にプロッター動かさない方がいいとのこと、直線で別に5ミリくらいの線で場所を示す。


CAD用図面 Illustrator CS5-3


ちょっとした注釈はあった方が助かるとも。


CAD用図面 Illustrator CS5-4


CAD用図面 Illustrator CS5-5


インターフェイスが違うので戸惑いつつですが、ドキュメント設定と環境設定との表示タブありました;
途中でも変更可能と言うことで。
ついでなので裁ち落としは0に。


CAD用図面 Illustrator CS5-6


保存は依頼先のバージョンに合わせて今回 Illustrator10です。
多分何らかの問題は生じます。


CS6→CS5で何故かオブジェクトごとにクリッピングマスクが生成されてました。
意味解りませんが多分そういう仕様なんですね(^-^;)



大変だったでしょうって言われて、実際大変だったわけですが、こういうのサクサク描けるようになることも必要なんだろうなぁ、時短時短で。
個人的にはPCモニターの解像度的にどうしても目測が合わないんですけどもー。
そしてガイド設定がどうしても実寸でやれなかったんですけどもー。


** データ送る前に、整列を使ってアタリと主線を合わせて最後に寸法見直したんですが、
今回コレの画像の為に主線細くしたので微妙に画像内ではズレてます。



オーダーメイドのケースはお任せ下さい(*^ー^*)
最小1ロット、数量に関わらず、お客様の御用途に合わせて設計から製造まで、ご相談ください。
タカベ株式会社メインHP
お問合せメール

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : 図面 アルミケース オーダーメイド バッグ 特注

プロフィール

TKB36

Author:TKB36
アルミケースメーカーの
縫製部員が運営中。
ケースのこと作業のこと
サイト作成のこと
お勉強中です。
〒340-0135
埼玉県幸手市槇野地503
タカベ株式会社
***
繁忙期にて
出張採寸は原則行っておりません
ご来社歓迎です
お問い合わせください
***
タカベ株式会社メインHP
お問合せメール
Tel:0480-48-1248
Fax:0480-48-1113

リンク
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルミケース内装加工例
Webアルバム上でタカベ株式会社で製作したケースの紹介をしています。
ツイッター
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR