FC2ブログ

CADを高速で使える設計師募集したい デス(*'ω'*)

2018.12.22.09:45

毎度いっぱいいっぱいだと言っても営業と製造で感じ方見積もり方が違うので、作業場的に見える化を進めてますタカベ株式会社。そもそも作業工程を知らない営業に更に曖昧なことを言ってると「でも本当は出来るんだろー?」と押し通されて製造部の体力の限界試されるのにやっと飽きました様子です、自分は今年頭から全然残業してませんけれどもヽ(゚∀゚)/。
あ、おかげさまで多分『要介護』から『要支援』に上がれるんじゃないかと勝手な見積もりをしています、要らぬ報告ですか。
しかし家族が居るからの『要支援』であってこれ一人暮らしの高齢者だったらと自分の将来が透けて見えて心配ですーー; 日々の食の手配すらできないのにどうしろと?! 今後も残業は出来そうにないのでそれ以外で給料上がるように頑張らないと! ←社長がブログ読んでるのを知っていて書くヽ(゚∀゚)/。ガンバッテマスヨ。


具体的には、アルミケース製造部でも、縫製でやってます受注票ホワイトボード(1Fリーダーと縫製部リーダー製作)に担当者マグネットで誰が何やってるのかパッと見で判るようにって単純だけど大事なとこ導入しました。
まだ問題解決とは至らず、大所帯に所属してない一人部署の人員の配置については、今どこにいて何をしているかさっぱり把握できないんですが。全体配置のボードが最近まであったんですが何故か撤廃されました。(; ・`д・´)?!相互扶助なしには成り立たないので全体が把握出来た方が良いんですが。
あと、数年前から言ってますけれども、仕事の進行管理は勿論なんですが、誰がどこで倒れてても判らないようなの絶対ダメだと思うんですけどねぇ(-_-)。
昼休みチャイム鳴ってから帰ってくる設計とかもう絶対アウトだと思ってるんですけど!
居ないけど当たり前になっちゃう怖さ…お年頃的に誰がいつどこで倒れてもおかしくないです。
いないのにまたか~、ほっとけほっとけってなっちゃって翌日冷たくなってても気付いて貰えない…タイムカード押し忘れ?何?みたいな扱い… …その可能性も秘めた規模の社屋です。


昔から小さいホワイトボードに誰が何を担当してるか判るようにと小さい名前マグネットもあったんですが、そもそもが全部小さいものだから当然受注品名を毎度書くところから苦痛になり、正直非常に面倒くさいのと、縫製品の回転率的に、誰も見ない内に書いて消し書いて消し書いて消しする時間が惜しかったのを覚えてます。故にほぼ使いませんでした。
下っ端で各受注案件の全ての下準備的なことを高速でこなさなきゃいけないのに、一気にできる筈の作業を一旦止めろと?! という怒りに似た困惑がその作業をさせませんでした。 どんだけ生意気なパートだったんですかね自分(; ・`д・´) おかげ様で現在所属してるパートさんに、「ホワイトボード確認して自分がいつ納期のどの作業してるか理解して作業して終わったらチェックしてね」を初日からすっぽかされる始末ですが無理もない(ノ*゚▽゚)ノ。 一応3回言いましたが、パートさんに指示を出すのは自分だけでなくリーダーからも他部署からも営業からも来てしまうので自分で様子見てチェックするようになりました(要するに指示系統側の問題)。
把握していたいのは自分なので解決と言えば解決です。これで他部署行った時にいつの何をどんだけやってきたのか報告してもらえればなと思いつつも3回言ってダメだったので勝手に進行具合をホワイトボード確認しに行くようになりました(次々指示出るからパートさんとしては手を止めることが怖いわけで)。またあいつはプラプラ歩いてんなと思われたとしても気にしない。←しろよ。

今だと大きいホワイトボードに受注票自体を貼ってますので特に何を書くわけでなく、順序も期日も明確(*'ω'*)
指示を出す一助にもなるし、誰に何を聞けばいいのかも判り易くなったので自分的には大分時短出来るようになりました(それでも重複指示は出るし優先順位は変わりまくりですが)。いつ頃なんの応援が必要なのか大体見当が付くので。まぁ受注票打ち込み直した時点で大体重なり具合解ってるのですが。
営業に無茶ぶりされても誰が何を担当してる最中かパッと見で判るので、どの作業を止めろと言うのさと言うのも如実に判ります。
なんで皆何も見ないで作業配分できるのさと思ってたんですが、やっぱり混乱してたよねぇ…
よかった自分だけじゃなかった(; ・`д・´) 頭の回転については不安しかないお年頃…ゲフゲフ…デス。

ざっくり作業見積もる時にやりがちなミスとしては、一人しかいないのに同時作業を担当させる、アレをやってもらって~、あ、これも、これも、これもやってもらって~って全部縦並びなのに横で考えてる。
人数さえいたら同時進行で短時間にばーっとやれることも、一人しかいなければ縦並び、工程的に順番を入れ替えられないのにそれを複数いるから大丈夫かと思い込んでたり、そしたら手順が一つ狂ってたり、一つ引っかかると全部やり直しだったり今回だけと変更を許可を貰ったら次回その変更の為の手順がネックになったりーー; これらの繰り返しをどこで断ち切れるかそのコミュニケを取れるかどうか 問題点がズレていってないか……常に改善が必要です。

アルミケース製造管理

アルミケース製造の外装内装の時間計測と作業分析も最近はじめました。
見積もりが合ってないとお話にならないので。ここのところ仕入先の廃業、仕入先の仕入先が廃業、部材の廃番等続いてますので見積もり見直しも続いてます。
何年も前からやろうやろう言ってたんですが、作業速度作業量測られたくない派もいたり外側からの声ばかりだったのが担当者からの声でようやく始動です。
自分のやれる範囲をざっくりとでも知ってないと、ムダに着手を急いだり後まわしにして後が詰まったりと常に全社的に忙しいのループを作ってしまうわけで。
最初だから時間がかかるもの、営業設計の見積もりとの誤差が縮んでく見込みのあるもの、方法を変えたら一気に時短出来るもの、誰がやっても誤差開きっぱなしの物もあるんだろうなぁと見てます、縫製品でも同じです。
この場合、慣れれば出来る、覚えれば出来る、は危険な考えで、じゃぁ担当者代わったらまた変わっちゃうじゃないのさ…故に人に依存した見積もりは絶対アウトです。

営業部長からはアルミケース外装内装だけじゃなく工程全体やればいいのにと言われてますが、木取り、アングルカット等の誤差はほとんどなく、関わる縫製品的にはポケットもショルダーベルトもクッションケースも製造時間はもうほぼ固定です。
ソフトケースだとまた多少変化しつつになりますのと、素材、形状、付属する仕切りやポケットの形、種類でほぼほぼ同じです。
この形状、このサイズだと大体このくらい、で外れないですね。
大型ソフトケースになると、リーダーが裁断するのと自分が裁断するのでは倍近く時間差が出るのと、自分が縫うのとパートさんが縫うのではやっぱり倍くらい時間差出るので作業配分は調整してます。
仕様、工程の見直し、見積もりの見直し、全てやれる仕事範囲増やそうとの試みです。
出来る筈ないことを短時間に詰め込もうとしてはボトルネック量産状態に陥ってきたわけで、適切に作業配分出来ればその分最終的に出来る仕事は増える筈です。
そもそもギリギリに焦って作業すると絶対にしくじるんですよ、一つや二つ、そしてそれらのいくつかは致命的で最初からやり直しとかになるんですorz

先日も思いもかけない部分でこれがダメなんだよ! とのダメ出し食らいました… え…そこだったの…Σ(゚д゚lll)ガーン?!
数年何も考えずに作業してきてソコがチェック材料だったの?! という引継ぎ力の無さも露呈しました… ……がっつり赤マジックで注意項目記入しましたが、後日ちゃんと仕様書にしようと思います…先に製造作業完了しますね;


ところで先日帰省した兄にエクセルで出来ることをいろいろ教わりましたが、「イラレじゃダメなのか? CAD覚えた方が速いんじゃないか」でFAでした。
…えーそうかなやっぱり…
…四半世紀前にきゃのわーど弄ったのが最後なので記憶はほぼないんですが…; あとでちょっと調べますが多分小ネタに上がらなければやっぱり無理だったんだなと思っていただいて正解です。
3Fのご意見番にも「イラレでやればいいのに」って言われるんですが、illustratorってお絵かき道具な意識が強過ぎて製図とか仕様書とかレイアウトにってなんかイメージが… 頭追いついてないですまだ。
と言うかillustratorだと使える人間限定やんか~… …って言ったら「PDFにすればいい、エクセルだって限定じゃないか」って言われましたが… そうか?そうかな?! という疑問を抱えつつ今日も病院行ってきます。



……いつ『お勉強ブログ』からランクアップ出来るんですかね…ヽ(゚∀゚)/

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース 製造 縫製 図面

ソフトケース アルミケース共通緩衝パッドのご紹介です

2018.12.17.09:00

忘れてました気にしてましたが時間が取れませんでした、ソフトケース内装のご紹介です。
先日記事にしました内装パッドはアルミケースでも同様なパッド組み立て式です。
http://tc20a.blog.fc2.com/blog-entry-1205.html

縫製品 ソフトケース
逆さにしてぎゅうぎゅう押し込みます。

縫製品 ソフトケース
例えばこんな感じにバッグいっぱいいっぱいに緩衝材が詰まります。
正直これ入れずらいです、密着って感じで、ちょっとでも捩じれると最初から入れ直しになるんですが、底の方密閉されてしまうので今度はとても出しづらいと言う…

縫製品 ソフトケース
縫製品 ソフトケース
口のところはさすがにちょっと浮いた感じに見えちゃうのですが、収納物はがっつり守られます。

IMG_2466.jpg
出来上がりはかちっと四角。
縫製過程でかなり布揉まれた印象になりますが、多分コレ重さ加わってくので持ってる内に多少は伸びるかと。


パッドは四角を組み合わせたタイプと、ルーター加工品といろいろ御用途合わせで選んでいただければよろしいかと。
当社のルーター製品とても評判がよく、納期的に無理な時時短の為に外注委託しようとしたらとめられたことすらございます。
一点一点作業するので時間はかかります、当然お値段も上がります、でも見た目はやっぱりキレイなオーダーメイド感で御用途にぴたっとフィットしてますね。
四角いパッドの組み合わせですと程よく空間が出来て、それがよい緩衝力となる場合もあるかとも思うのですが(取り出すのに指入れやすいとか)。

ルーター加工
【ルーター加工緩衝パッド】
ハードケース ルーター加工例 (ハサミ用)
【ルーター加工緩衝パッド/アルミケース
こんな感じの加工が可能です。
時間は、かかりますので納期に余裕をもってのご注文お待ちしてます。

theme : ものづくり
genre : ビジネス

tag : アルミケース 製造 縫製 オーダー

2019年度タカベ株式会社冬季休業日のお知らせ

2018.12.16.08:41

2019タカベ株式会社冬季休業日予定
2018年末2019年始休業日は12/29(土)~1/6(日)、仕事始めは1/7(月)となります、1月納期品には総製造時間的にはまだ余裕あるんですが、毎度ながら前半に集中多重納期があるため年末既にわたわたあわただしくしています。

正直なところ営業設計の製造時間見積もりにどうしても全ては追いつけません。
人数がいたらいたで多分余るんですが、一つ一つの工程に対する見積もりがズレにズレて1台あたり5分ズレ一件様あたり50分~200分くらいズレたらもう全然どうにもならんのです。(*_*;
1台あたりで20分ズレたらもうロット品的には数日単位でズレます…すり合わせの為の管理記録をしてはいるのですが、ミスが全くないわけでもなく、体調不良や不慮の事故等々全くないわけもなく、設計書面的なミスから始まるとどうにもこうにも((+_+))
部材は足りるのか足りないのか、余裕はどのくらいあるのか、数日で無くなるものもあれば数か月、数年単位で消費するものもあるわけで。
……機械壊れないわけでもないですしねーー;
先日も昇降機の修理お願いしてました、数時間で直ったようですが、昇降裁断機3台はあったように記憶してますが、1台止まるとダメージ大きいです。
それぞれ部署内でメンテナンス出来るものは普段からしてるのですが、休業日前にがっつりしっかりメンテも必要かなと思われます、できれば丸1日取りたいんですが取れないんだろうなぁ…というのが例年の繰り返しです。

縫製部のミシンも踏み方がそれぞれで、たららららっっとゆるっと踏む分には大抵どってことないのですが、ガーっと一気に踏み込むと負荷で止まることも多々…モーター同じなんですけれども電圧がどうとか言われたりもしますが、電源も同じなんですがーー;
まぁなんとか日々ちょいちょいメンテナンスしながら頑張っとります(+o+)
しかしなんだかずっと左手の中指がおかしいなぁと…テープ仕上げのまとめの時にちょいちょいと気付いてはいたのですが、週半ばから指全体が腫れ上がり週末は激痛でした。 …自分もメンテナンス…しないと…お年頃であちこち壊れやすい…です。

週明けは月半ば以降は恒例縫製部離散でリーダーがアルミケース製造に出稼ぎです、年始出荷品を早々に仕上げないと出荷準備が間に合わんのです(;´・ω・)
そう言えば昨年末はインフルパンデミックでバタバタと欠勤が… 今年も埼玉はインフル猛威だとか?
当社的には今のところ一人もいないのですが、感染しあわないよう気を付けてても相手はウイルス…製品に乗せて出ることもないとは思いますけれども皆さまもお気を付けください。
母通院先ではワクチンが足りないとかで予防接種の予約を受け付けてないと告知もされてましたーー; 罹患時に悪化しないといいんですが。


ところで、アルミケース部材、メッキ品に関してですが仕入先の加工先のメッキ工場様が廃業されたのに伴いまして各種部材の値上げの連絡が入ってます。それぞれ製品のお値段に関わりますがご了承いただきたく存じます。
縫製品にもナスカンでメッキしてるものがいくつかあるのですが、そちらは仕入先が違いますのでなんとか現状維持です。

縫製品
縫製品 Dカン各種

縫製品
縫製品 Dカン各種縫い留め裏

写真はDカンですが、プラ製品もございます、当社標準としてリュック仕様はこちら仕様です。
軽く仕上げたい場合とかがっつり頑丈にとか重くなるのでとか、デザインのお好みだとかそれぞれだと存じますのでご相談ください。
( ゚д゚)ハッ!… このプラパーツの仕入先も変わってしまいましたのでまた別の同等品に変更してゆくことになってます、同等品です、ご了承ください。

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース 製造 縫製

アルミケース製造 年末年始需要 そろそろいっぱいいっぱいです

2018.12.05.21:36

2019年度前期始まってますタカベ株式会社、今日は朝一アルミケース内装作業を1台やっつけて後、延々ミシン踏んでました。
事務所に製造応援お願いしまして、アルミケース梱包用の緩衝材の抜き作業を頼み、のち、縫製品の持ち手用グリップ部分の抜きもお願いし、かなり助けてもらいました。
作業工程的に最初にPPテープを切って、そこにグリップを縫い付けないことには前に進めないのです。

年末年始急激に楽器用ソフトケースの需要が上がってます、クリスマスですか? お年玉ですか? 頑張った自分へのご褒美でしょうか(*^-^*) 主題は楽器ですが、ソフトケースも頑張って縫ってます。

タカベ株式会社縫製品
【ソフトケース グリップ部分】

タカベ株式会社縫製品
【ソフトケース グリップ裏部分】
タカベ株式会社縫製品
【ソフトケース グリップ裏部分】

生地は裏面がポリウレタン加工になってて丈夫です。
糸はこちらかなり重くなるとのこと20番手での縫い付けです。がっつり。
しくじった時にハサミで切るのも一苦労だし、無理に生地を引っ張って解こうとすれば場合によっては生地の方が裂けます;
生地もかなり丈夫なので、普通に裂こうとしても裂けないんですけどね(;´・ω・)
頑丈に、がっつりしっかり、縫えば縫う程しっかりするかと言うとミシン目が切り取り線になってしまうことも考えられるわけで加減しながら作ってます。



さて今朝は2018年度の戦績発表(仮)がありました。
人員的に昨年比16%オフでしたので、売り上げ減率的にはかなり優秀なんじゃないかと個人的計測をしました←おい。
残業率も大幅に下がってるんですが、これはなぁちょっとなぁ…
減った16%の残業率の低さと欠勤率の高さ的に残留組の負担が……って自分も今年全然残業してませんのでアレですがごにょにょ…(-_-;)
主力アルミケース製造部の残業を減らすべく量産品の内装裁断と内装、初期工程等いくらかは縫製部で請負い、1Fセミハードケース製造部でもロットまとめて引き受けたり、固定でいくつかのアルミケース製造ラインを1Fに移し1Fリーダーと縫製部リーダーが専属になったりと相互扶助を進めてはいるのですが、どうしても専門の手が必要な部分があるもので。

……木螺子がなぁ…もうちょっと上手いこと留められると仕切りは任せろ!とか言えるんですが。

内装でやるにしても外装に戻してやるにしても、仕切り付けって結構厄介な工程なので、さくっと人が移動して進められたら進行止めないのになぁという部分でもあるのです。誰が移動するんだって話で結局ムダが全くなくなることはないんですが。
あと最初期工程、ラミネートする人がケースを作る人なのが…スケジュール調整が大変で。
夏に人が足りなくて日程を変えると聞いたので、今日なら手伝うよ!って言ったらやんわり断られたことがある程度に体力の要る作業です。男性2名2時間延々大判の板とアルミをラミネートして、休憩挟んでまた2時間延々ラミネート…という過酷業務です。

( ゚д゚)ハッ!…そもそも自分はなかなか図面読み解けないんですけれども。
今日も仕様書の判り難いところにメモを取ったけれども意味が解らない というつぶやきをちらほら。メモ書きじゃダメなんですよね、仕様書が仕様書として完成されてないとーー;
直せる仕様書は直していかないと、と言うのが一番基本な課題な気がします。


明日もまた縫製に籠ってミシンを踏んで踏んで、明後日はアルミケースのアングル穴あけの予定です。
形状と仕様的に内装が体力的に厳しいケースなので、上背のある自分がやった方がなんぼかマシなんだろうなぁと思いつつも数年前やったキリですね; 外装応援でなんとか余裕を作れたらなとー。
縫製品に関しては納期的には月半ば予定、しかし多重なのでハードスケジュール想定してみてたんですが、自分がちょいちょいアルミケース製造部に行っちゃうし、やっぱリーダーが残業確定ですね(ノ*゚▽゚)ノ 何か欲しい物があるとか言ってたので、自分にご褒美を買えば良いと思います(*'▽')←おい。

年末年始ほぼほぼいっぱいいっぱいです、お問合せお見積りは余裕をもってお願いします!

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース 縫製

2018年度 各種ケースご依頼ありがとうございました

2018.11.30.21:40

師走突入、あっとゆー間に11月最終日でタカベ株式会社2018年度後期終了しました。

縫製品 ソフトケース

縫製品 ソフトケース
最終日作業してました縫製品、ソフトケースの蓋部分に打つこの鋲がとても難しく、毎度2~3枚は銘板を傷つけるんですが、今回当て革を使用することで1枚のミスで終えることが出来ました。最初からやってればよかった…orz

ヽ(゚ー゚*ヽ)ヽ(*゚ー゚*)ノ(ノ*゚ー゚)ノオイトイテ

今年は個人的にやることが増えた感満載でパソコンのお持ち帰り率も高く、今後も一層増える見込みです。
やっぱり大きいディスプレイのパソコンがよかったなぁあああっ><。
15インチ小さい、揚々マルチタスクこなせない><。 とか思いながらエクセルと向かい合う日々です。一覧して確認出来ないからコピペでミスしても判りずらいんだよぅ(+o+)でもこいつでなければ持ち歩けはしない… ……タブレットも考慮に入れてるんですが、キーボード打ち続けて四半世紀なのでそこら辺いかんともしがたいです。
( ゚д゚)ハッ! 家で作業する時用にケーブル買えばいいのかしら?! PC同士を繋げればっ…? ちょっと考慮に入れます。

とにかく全社的にと言うか、主力アルミケース製造部のいろんな改善の一端になれていればいいなぁ。
フォーマット作るのとかデータ入力は趣味の一部な感強いので作業強度低いかもと言ううしろめたさを感じつつ、これまで見たことなかったアルミケース外装の仕様書も見るようになりましてちょいちょい聞いてはいる『見づらさ』『ミスリード』『不要表記』『指示ミス』ますます気になってきました。
内装用でしたらよく見ているのと、縫製品に関してはどんどん気付いた時、時間作れた時に書き変えちゃうんですが。
製造自体からはちょっと引き気味かしらと思ってる矢先、内装依頼があったりなんだり、どんなに受注状況チェックしててもやはり波があって読めないのがタカベ株式会社です。

正直なとこ本当一件様だって落としたくないんですが、納期が重なり過ぎますとどうにも手も足も出ません…
入社当時と比べてかなり前倒し作業してますが、1日でもズレてくれたら全然やれる範囲なこともないでもないんですが…使用部材に養生期間もございましてごにょにょ…絶対とは言い切れない部分ありますね、板一枚…どころか10センチ足りなくても作れないものは作れませんから。
先日は縫製部でも先行裁断しようと思った生地が20センチ程度どうにもならず、また仕入先に無理をお願いしました…早期の対応ありがとうございました、週明け取り掛かれます。(*'▽')


本当毎度受注総量から言えば一週、せめて3日ズレてくれたら大抵はこなせるんじゃないかと思うんですが、分納、定期予約ご相談いただけたら幸いです。
後本当にちょっとした仕様の変更で作業時間ぐぐっと短く出来る場合もございますのでご了解いただけますと助かります、当然収納物に影響の出ない仕様変更です。
営業部長も明日はアルミケース製造で出社してくれるような事も言ってましたしね、なんとかどうにかこなしてゆこうとしています。

2018年度は人員が減った分厳しいと見込んでいましたが、製造部の連携がかなり正常化したのと、ボトルネック工程を外注に出したこと、各自効率化を意識するようになったのと作業強度の見直しが始まっているのとで改善が進んでいるかなぁと思ってます。
兼任業務も当たり前になりまして作業者の人数が足りてるようなこと言うなと一部に言われてますが(苦笑)、全然、受注量自体は残念減っちゃっているわけで(;´・ω・)
設計人員も減った分、発覚した問題点の改善も進められているので結果オーライだと考えているんですよね、日々数字追っちゃってる自分としては。製造人員に対して設計ばかり多くてもバランス悪く結局仕事こなせないわけで。
パソコン入力以外でも一応今年は久々に昇降機も使い方をお浚いしたり、バンドソーもリベットセッターも鋲打ち機も使う機会あったりして、やれること増やせてもいると思うんですよねぇ… 自分作業範囲は完遂してるのにその後放りっぱなしで進行確認できないあれやこれやもございますけれども ( - ゛-)、部材表とか仕入先データとかもろもろ(¬_¬)。後は木螺子がどうにかできれば個人的には満足なんですが。

アルミケース製造部


そうそう、営業部からは「納期対応が悪い」「サービス悪くなった」と言われてると報告を受けているんですが、誠に申し訳ございませんが、製造部の残業にも土曜出勤にも限度がございます。
内情的には営業部長見倣って製造知識と技能を持ってくれたらミスリード乱発の仕様書も改善出来るだろうし作業者増えることにもなるのになと見てますが、技能的に出来ない物は出来ないですしねぇ… …せめてCADかエクセルくらいは日常的に使えてくれたら時短に繋がる筈なんですが。
あと発信できる営業であってくれたらなと思ってるんですが、ふと気づいたら発信してるの自分だけでしたね、当社のホームページ作った方は既に退社されてますし、タグ打ち込んだの自分ですし。そう言えば先日お客様に電話応対してるのは事務員さんでした、あれもしかして『営業補佐』…そう言えば縫製部にとっても営業補佐でした、文書作業全部やってくれてるみたいだし。
仕事は自分から増やせるタイプとどんどん削ってくタイプと、これは結局人柄なんでしょうか。すべて自分でやるのではなく、チームとして指示を出すことも必要ですが、頑張った人が頑張っただけ報われると信じなければ動けなくなっちゃうので、頑張れる環境作りからでしょうか。

えー2019年度もくれぐれもよろしくお願いいたします。
年末年始お休みもございますのでご依頼お見積りお早めに。
時々お見積りでご依頼完了と勘違いされてることもあるご様子ですが、お見積り後ご依頼いただいて納期回答しての受注です、お間違えのないようよろしくお願いいたします。確定は!お早めに!!

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : アルミケース 製造 縫製

プロフィール

TKB36

Author:TKB36
アルミケースメーカーの
縫製部員が運営中。
ケースのこと作業のこと
サイト作成のこと
お勉強中です。
〒340-0135
埼玉県幸手市槇野地503
タカベ株式会社
***
繁忙期にて
出張採寸は原則行っておりません
ご来社歓迎です
お問い合わせください
***
タカベ株式会社メインHP
お問合せメール
Tel:0480-48-1248
Fax:0480-48-1113

リンク
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルミケース内装加工例
Webアルバム上でタカベ株式会社で製作したケースの紹介をしています。
ツイッター
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR